看護師

高脂血症の症状を知ろう|未然に予防するための対策

画期的な治療法

ドクター

今までがん治療といえば放射線などを使った方法が一般的でした。ところが、放射線治療は患者に掛かる負担が大きく、完治する確率もそこまで高いものではありません。
実は、最近のがん治療は大きく進歩していて患者の体に掛かる負担を減らしつつ、癌を治療する方法が確立されています。その方法が免疫細胞療法というものです。そもそも、癌が発病する原因は免疫力の低下と言われています。この免疫力が低下すると体の中で常に発生している異常細胞が免疫のシステムをくぐり抜け、ガンの発症リスクが高まるのです。免疫細胞療法は、まず免疫の力がガンの増殖力を上回るよう免疫細胞を体の外で強化します。その後体内に戻すことでガンを撃退する事が出来る画期的な治療方法です。自分の体の免疫を増やすので体に負担がかからず、副作用もほとんどありません。この免疫細胞療法と外科手術や抗がん剤治療など、他の治療法を組み合わせるとより完治する可能性が高くなります。免疫細胞療法と一口に言っても、実は様々な種類があります。ガンを集中的に攻撃できるリンパ球を増殖して体内に戻す方法や異常細胞を全体的に攻撃する物質を増殖させる方法など様々です。また、従来のがん治療では入院をしながら長期的に治すしかありませんでした。しかし免疫細胞療法による治療は基本的に入院をする必要がなく、生活レベルを保ちながら治療を続けられるのです。今までと変わらない生活水準を保つと精神的にも負担がなくなり、治療にも前向きになれるはずです。また、免疫細胞療法には保険が適用されないので、費用についてはあらかじめ医師と相談すると良いでしょう。