医者

高脂血症の症状を知ろう|未然に予防するための対策

誰でも発症する病気

患者

腸は第二の脳といわれる重要な臓器です。しかし活発に働く分病気にかかるリスクもたかくなってしまいます。特に厄介な病気が潰瘍性大腸炎です。放っておくと大腸が機能しなくなるので、すぐに病院を受診しましょう。

詳しく見る

がん治療に特化した病院

病院

横浜クリニックでは患者の体に負担をかけないようながん治療を行なっています。症例実績も豊富なのでこれからがん治療を始める人は一度足を運んでみるべきです。また、患者や家族のために無料相談会も行なっています。

詳しく見る

画期的な治療法

ドクター

がん治療は大きな進歩を遂げています。今までの放射線治療と違って体に負担の掛からない免疫細胞療法が確立されているのです。この方法で治療を行えば副作用もなく、生活水準を保ちながら治療を続けられます。

詳しく見る

生活習慣を見直す

看護師

生活習慣の乱れは様々な病気を引き起こします。糖尿病などの重い病気から高血圧のような病気まで様々です。その中でも特に高脂血症を発症する人がたくさんいます。高脂血症とは血液の中にある脂質が基準よりも高い状態にある病気のことです。この病気には自覚症状がないので気付かない間に病気が進行している場合が非常に多いのです。高脂血症が引き起こす主な症状が動脈硬化や心筋梗塞、痛風などです。動脈硬化の初期症状は足の痛みやしびれなどです。万が一足に異常を感じたらすぐに検査を受けましょう。また、心筋梗塞は胸の中央部に激しい痛みが起こることが特徴です。他にも左の手や指、肩に痛みを感じたら心筋梗塞を疑うべきです。痛風は親指などに強い痛みが起こる病気で、暴飲暴食などを繰り返すと発症します。高脂血症が発病すると、血液中で増えすぎたコレステロールが血管内部に付着して、血液の流れをせき止めてしまいます。また、悪玉コレステロールが増えたことによって善玉コレステロールが減り、うまくバランスが取れなくなってしまうのです。血中でこのような状態が続くと血行が悪くなり複数の病気を併発します。主に健康診断の血液検査などで病気の進行度合いを知ることができます。高脂血症を改善するためには、食生活の改善が第一です。血液を綺麗にする効果がある青魚や野菜を中心に献立を考えると良いでしょう。また、適度な運動を欠かさず行ない、必要があれば医師から指導を受けながら投薬治療を行ないます。